ページ内を移動するためのリンクです。

住友生命健康保険組合

文字サイズ変更
小さく
標準
大きく
現在表示しているページの位置です。

特例退職被保険者制度

特例退職被保険者制度(以下「特退」と略)とは、一定の加入要件を満たしている本人とその被扶養者を対象に、国が行う退職者医療制度を、住友生命健康保険組合が「特定健康保険組合」として、厚生労働大臣の認可を受けて運営している制度です。

加入要件

次のいずれの要件も満たしていること。

  1. 住友生命健康保険組合の被保険者であった期間が20年以上ある、または40歳以降の住友生命健康保険組合の被保険者期間が10年以上あること。
  2. 厚生年金保険や各種共済組合など国民年金を除く公的年金の老齢年金や通算老齢年金の年金証書の交付を受けているか、すでに年金を受給していること。
  3. 後期高齢者医療制度の加入者でないこと。


なお、一旦「特退」に加入すると、以下の事由以外では脱退できません!!加入時には十分ご検討ください。

(1)後期高齢者医療制度に加入したとき

(2)他の会社に勤めるなど、他の健保等の被保険者になったとき

(3)死亡したとき

(4)保険料を期限までに振替できなかったとき

加入申請方法

必要書類
  • 特定健保加入申請書兼保険料自動払込制度のしおり
  • 年金証書の写し
  • 住民票の写し
  • (就労等により一旦他の健康保険に加入し、その被保険者資格を喪失したため、加入を希望する場合)
    健康保険資格喪失証明書
  • (被扶養者の加入を希望する場合)
    • ※在籍中に被扶養者であった方についても、自動的に継続にはなりませんので、改めての申請が必要です。
      被扶養者を申請するときの添付書類は、「健康保険被扶養者異動届・現況届」の3ページ目を参照してください。
    • ※申請書は、支社等の所属または事業所の健保事務担当へ請求してください。
    • ※加入資格が発生してから3か月以内に提出してください。
      (加入資格発生とは、退職日翌日、任意継続制度の資格喪失日、老齢厚生年金証書が届いた日、再就職先の健康保険の資格喪失日等を指します。)

☆提出先はこちら

保険料

  1. 算出方法
    前年度の9月末現在における全被保険者(特退被保険者を除く)の9月の平均標準報酬月額の範囲内で、健康保険組合が標準報酬月額を設定し、これに保険料率を掛けて算出します。

保険料の納付方法

保険料は、口座振替により納付します。保険料が未納とならないよう、振替日の前日までに口座に資金を準備してください。
また、前納制度もあり、半年単位、1年単位で納める場合は割引となります。

被扶養者

  1. 資格取得時
    」に必要書類を添付し健康保険組合あて提出してください。
    一般被保険者資格喪失時に被扶養者であった方についても自動的に継続とはなりませんので加入時、改めての届け出が必要です。
  2. 資格取得後
    取得、継続、抹消の事態発生の都度、「」に必要書類を添付し健康保険組合あて提出してください。

給付内容

一般被保険者とほぼ同じ内容(傷病手当金および出産手当金を除く)です。

資格喪失について

以下のいずれかになった場合、特退被保険者資格を喪失します。

  1. 後期高齢者医療制度に加入したとき
  2. 就職により、他の健康保険の被保険者となったとき
  3. 被保険者本人が死亡したとき
  4. 保険料を期限までに振替できなかったとき