ページ内を移動するためのリンクです。

住友生命健康保険組合

文字サイズ変更
小さく
標準
大きく
現在表示しているページの位置です。

交通事故にあったとき
〜けがや病気の原因が他人にあるとき(第三者行為災害)〜

交通事故をはじめ第三者の行為により負傷したとき、仕事中や通勤途上の負傷を除き、健康保険を使用して受診することができます。

交通事故や第三者の行為による負傷で健康保険を使うとき

健康保険を使用して受診する場合、加害者が支払うべき治療費を健康保険組合が立て替えて、後日、健康保険組合から加害者に治療費を請求しますので、速やかに健康保険組合に届出をしてください。
なお、被害者と加害者の間で示談が成立すると、加害者に治療費を請求できなくなる場合があります。示談をする前に必ず健康保険組合にご連絡ください。

自損事故による負傷で健康保険を使うとき

自損による交通事故で負傷したときも、健康保険を使用して受診する場合は、速やかに健康保険組合に届出をしてください。

交通事故にあったときの手順

  • 相手方を確認
    ナンバー、免許証(氏名・年齢・住所)、自賠責保険、任意保険、車検証等を控えます。
  • 警察への連絡
    どんな小さな事故でも必ず警察に連絡しましょう。警察には「人身事故」として届出を行い、交通事故証明書を請求します。
  • 病院で受診するとき
    健康保険を使用する場合は、速やかに健康保険組合に届出をしてください。
届出方法
」等の必要書類を健康保険組合へ提出してください。


▼手続の流れ

手続き

事故にあって健康保険を使用して受診した場合は、必ず健康保険組合へ届出をしてください。
※できるだけ速やかに提出してください。

必要書類
  • *相手方(加害者)が記入します。
    *相手方が任意保険未付保の場合、相手方と連帯保証人の印鑑証明の添付が必要です。
    *当方の過失が大きい場合は不要です。

☆提出先はこちら